・基本ガイド2 > 竜語者

竜語者

時の渦の出現により、領主たちは再び「大陸の平和を守る」という任務を命じられる。
しかし時の渦では力が制限されるため、竜語者となって悪と戦わなければならないのだった…

竜語者では、各種ステータスがアップする護身符の装着や、専用スキルの開放などが可能です。
装備を万全にして、戦いに挑みましょう。


■開放条件
クラス進級後、時の渦の「竜語の力」クリアで開放。




■プレイ概要
1. メイン画面下にある「竜語者」をクリックします。




■「竜語者」について
「竜語」のタブでは、現在の状態を表示します。
①の職業切り替えアイコンから竜語者に変身でき、
②の各護身符を左側の6つのスロットへ装着できます。
※①の切り替えアイコンは、ゲームのメイン画面左上(戦闘力表示の右側)にもあります。

竜語者状態では、プレイヤーの戦闘力を一定の割合で継承します。



護身符には「護身符」と「護身符結晶」があります。
護身符結晶は時の渦で獲得可能で、護身符の強化に使用します。

また護身符は6種類ありますが、各スロットに装着可能なのは、そのうちの4種類となります。



同じタイプ(絵柄)、同じ等級(色)の護身符を2個または4個装着することで、サブ能力が発動します。
※同じタイプでも、等級が異なる護身符ではサブ能力が発動しません。例えばスロット1に橙等級の骨喰を装着し、スロット6に他の等級の骨喰を装着しても、サブ能力にはカウントされません。
※等級は文字色に対応しています。


■「共生」について
竜語者とキャラクターの間で能力を継承することができます。
装着した護身符はキャラクターの対応する装備部位に反映され、共生石を使用することで共生レベルがアップします。








■「護身符」について
護身符、あるいは護身符結晶を使用して、護身符を強化できます。
※右の枠(素材となるアイテム)にどちらを入れるかによって、ゲージ横の青い数値(上昇値)が異なります。





また、複数の護身符を使用したい、護身符結晶と併用したいという場合は「一括強化」が便利です。




■「スキル」について
竜語者のスキルには「寒冰」と「呪術」があり、戦闘に応じて使い分けができます。
使用したいスキルの「活性化」ボタンを押すことで(活性化済みの状態にすることで)使用可能となります。

各スキルの確認やレベルアップ、ショートカットの設定は、活性化ボタンの下にある「詳細表示」ボタンから行います。




レベルアップに使用可能なスキルポイントはキャラクターのレベルと連動しており 、
クラス進級(ランク1のLv.1)の状態では40ポイントからスタート、その後は下記の流れで1ポイントずつ付与されます。

ランク1のLv.2到達(+1で41)→ランク1のLv.6到達(+1で42)→ランク1のLv.10到達(+1で43)
※以降はレベルが4アップする毎に1ポイント付与されます。(最大+20、合計60)

例:クラス進級でランク4のLv.4の場合は49(+9)となります。




■「戦獣」について
戦獣をレベルアップすることで能力バフを獲得でき、初期携帯攻撃ポイントが付与されます。
戦獣は異世の牧草で育成でき、レベルアップによって新たな戦獣の外観が開放されます。
※異世の牧草は、時空の亀裂の挑戦勝利報酬などで獲得可能です。